SEGA® 株式会社セガ・インタラクティブ 新卒採用サイト

[ セガグループ ]
株式会社セガ・インタラクティブ

マイページ

エントリー

PERSON ストレスなくゲームを楽しめるデザインを実現 ゲームの楽しさや感動を幅広い層にアピールする役割も担う 神戸祥子 Shoko Kambe

デザイナー 2010年入社

※仕事内容に共通点があるため、グループ会社の社員を掲載しております。

神戸祥子の写真

デザインの知識を活かしながらいろんなことにチャレンジできる会社

美術大学でデザインの勉強をしていました。ゲームも好きで“ぷよぷよ”“龍が如く”などをよくやっていました。

就職活動では広告業界とゲーム業界の会社を受けましたが、就活が進むにつれ、ゲーム会社なら自分たちで一からアイデアを出してゲームを開発し、自分たちの手で世の中に出せるということに魅力を感じるようになりました。また、ゲームは3Dの世界だと思っていたのですが、ポスターなど2Dの作品をつくってきた自分にもゲーム会社で活躍するチャンスがあるということを知りました。

セガグループを選んだのはコンシューマゲーム、アーケードゲーム、アミューズメント施設などを幅広くやっているので、チャンスがたくさんあり、いろんなことにチャレンジできると考えたからです。また、面接してくれた方が女性管理職で、「(男性社会の印象が強いゲーム業界でも)女性も活躍できる会社なんだな」と思ったことも理由の一つです。

神戸祥子の写真

いかにユーザーにストレスを感じさせないデザインを実現するか?

デザイナーにもキャラクター作成や背景作成などいろいろな仕事があるのですが、入社後に担当したのは”ソニック”タイトルのインターフェイスのデザインでした。インターフェイスデザインとは各種メニュー画面やプレイヤーにさまざまな情報を伝える表示などのデザインで、わかりやすく、ゲームのイメージに合ったものが求められます。

その後“ぷよぷよ”のチームに移り、現在はインターフェイスデザインとともにタイトルロゴや画面全体の構成など、ゲームタイトル全般に関わるデザインのアートディレクションを担当しています。

ゲームに求められることはタイトルによってそれぞれ違うので、たとえばスマートフォン向けの“ぷよぷよ!!クエスト”なら片手で手軽に遊べる使いやすさを、コンシューマ向けの“ぷよぷよテトリス”なら低年齢層でも親しみやすい表現や、目的の画面にすぐに到達できることなどを重視しています。いかにユーザーにストレスを感じさせずに楽しんでもらえるかが最も大切です。

神戸祥子の写真

ディレクターなど他職種の人々と協力しながら仕事を進めていく楽しさ

デザイン作業は一人で行うのではなく、ディレクターやプランナーとデザイン案について何度も話し合って進めます。画面に表示するものは、プログラマーと相談しながら手段や表現を決めていきます。いろんな職種の人と協力しながらアイデアを磨き、よりよいものをつくっていくのはとても楽しいですね。

職場の雰囲気はとてもざっくばらんで、いつもいろんなことを話し合いながら仕事をしています。雑談からアイデアに結びついて実現することもよくあります。

みんなで飲みに行ったり、遊びに行くこともありますが、自分も含めて「これは何で面白いんだろう?」と考えている人が多いですね。生活のすべてがクリエイティブな活動とつながっているので、毎日がとても楽しく充実しています。

神戸祥子の写真

ゲームの楽しさ、感動をもっと多くの人々に伝えていきたい

私の仕事はゲーム開発に加え、現在担当している“ぷよぷよ”というブランドの魅力を広く知ってもらい、多くの人に楽しんでもらうことです。そのために雑誌広告やポスター、テレビCMなどの制作にもかかわっています。

ネットやTwitterなどでゲームに対する感想を目にしたり、ゲームショウで自分たちが開発したゲームをユーザーの方々が楽しんでいる姿を見たときは本当に嬉しくなりますね。ゲームを通してユーザーに楽しさ、うれしさ、感動をもっともっと伝えていけたらと思っています。

将来的には、企画の段階からゲーム制作に関わり、最初から最後まで一つのゲームをつくってみたいですね。

神戸祥子の写真

一般的な1日のスケジュール(スケジュールに余裕のある時)

10:00
始業

メールチェック。開発の進捗状況、マーケティング部署などからの連絡を確認。
プロデューサーやデザインの上長と相談しながら、返信します。

11:00
デザイン作業

新しく発売されるゲームのポスターやパッケージをデザイン。
いくつもデザイン案を出して、チーム内で相談します。

12:30
昼休み

自分でつくったお弁当を、
周囲と話しながら自分の席で食べます。

13:30
デザインチェック

雑誌に掲載される担当ゲーム記事の内容や、
新しく販売する関連グッズのデザインなどを確認します。

15:00
ミーティング

部署内の他のプロジェクトを担当するデザイナーたちが集まり、
新作ゲームのチェックやインターフェイスの勉強会などを行います。

16:00
開発

自分が担当しているゲームを実際にプレイしてチェックします。
プロジェクトメンバーと新しいキャラクターやゲーム内容のアイデアを出し合うことも。

17:00
デザイン

ゲームのメニュー画面、表示などのレイアウトイメージ作成を行います。

19:00
終業

メールを確認して退社します。

一般的な1日のスケジュール(多忙な時)

10:00
始業

メールチェック。開発中のタイトルについて問題の有無を確認します。
問題があればディレクター、プログラマーと解決策を話し合い、対応を行います。

12:30
昼休み

いつも通り、自分の席でお弁当。
休憩します。

13:30
バグチェック

開発中のゲームをプレイし、
バグの有無を確認します。

15:00
ミーティング

プロジェクトチームで開発の進捗状況の確認、
問題の共有などを行います。

17:00
ゲーム記事などの
チェック

担当ゲームに関する雑誌記事や、PV映像など、
媒体に露出するもののチェックを行います。

18:00
ミーティング

プロジェクトチームのデザイン担当者と、デザインの方向性について相談したり、
ディレクションを行います。

19:00
休憩

気分転換に近くのコンビニに出かけ、
お弁当を買います。

20:00
デザイン作業

上がってきたインターフェイスのデザイン案をチェックし、
改善策を考えたり、印象を調整したりします。

22:00
終業

メールをチェックし、帰宅。

SEGA® 株式会社セガ・インタラクティブ 新卒採用サイト

[ セガグループ ]
株式会社セガ・インタラクティブ

マイページ

エントリー