INTERVIEW

先輩社員インタビュー

若手でもリーダーや新企画に
挑戦できるチャンスがある

株式会社セガ

プログラマ

越後谷 勇介 Yusuke Echigoya

2017年入社

リーダーになったことで、ゲーム開発の全般が見渡せた

私は今、コンシューマ版のゲームのアーケード移植タイトルのプログラマリーダーを担当しています。
主な業務はプログラミングや筐体の仕様や機能に関する相談のほか、デザインセクション・プランセクションといった各セクションとゲームの方向性についての打ち合わせ、リリースまでのスケジュールの決定など。個人とリーダーとしての仕事を両方幅広く手がけています。
リーダー業務のメリットは、ゲーム開発からリリースまでのほぼ全ての作業に携わることができること、また、決定権とその責任を担っていることです。将来、自分でプロジェクトを起こすときの良い経験になると感じています。

セガ グループでは若手の育成に力を入れています。今回、比較的小規模・短期間のプロジェクトではありましたが、私をリーダーに起用していただけたのも、若手育成の一環だったりします。
ほかにも、新しいデバイスを使ったゲーム作りに携わりたいという話をしていると、デバイス関連の展示会や海外カンファレンスの見学など、知識を得る機会を与えていただけます。単に企画のプレゼンテーションの場を与えてもらうだけではなく、情報収集の場もしっかり与えてくれるのです。
どの社員も、キャリアのビジョンを中長期的を見据えて自由にチャレンジできるところが、セガらしい面の一つではないでしょうか。

学生の頃、セガの“ブッ飛んだ”ゲーム作りに感動

大学時代情報系の学科で学んでいた私は、研究室にkinectのようないろいろなデバイスがある環境の中で、多様なデバイスでのゲームづくりに没頭しました。そのうちに、アーケードゲームにはコンシューマゲームにはない魅力があると気づきました。

セガ グループのゲームについて言えば、私は「え~でるすなば」との出合いは大きかったですね。
実際の砂とプロジェクションマッピングを使った土地づくりゲームですが、やってみて「セガでは常識にとらわれずにこんなブッ飛んだゲームを作ることができるのか!」と、思わず驚愕してしまいました(笑)。「え~でるすなば」をモチーフにしたゲームを実際に作り、採用面接のときにその場で見ていただきました。

また、水と釣り竿を使った釣りゲームを作り、技術職向けのプレゼンをしたときに、社員の方から「あ、それ僕もやろうと思っていた!」と言っていただけました。とてもうれしかったですし、「セガに入社して世間をあっと言わせるゲームをつくりたい」という思いがぐっと強くなりましたね。

セガ グループは高いクオリティに対する責任が大きいからこそ、大きなチャレンジができる

入社して気づいたことは、セガ グループでは厳しいルールに則ったゲームづくりが行われているということです。会社で働くわけなので、当然ながら好きなゲームを自由に作れるわけではありません。
しかし、製品づくりに確かなルールがあるからこそ、品質やおもしろさなどいろいろな面のクオリティが保証されます。
セガは品質の高い製品を生み出し、店舗のオペレーターさんに信頼されているからこそ、大きなチャレンジができるのだと私は思います。

ゲームをリリースした後の運用も大切です。近年は、アーケードゲームもスマホゲームのように定期的にゲーム内外でイベントを行い、ユーザーの人気を定着させることに努めています。「ゲームをリリースして終わり」という昔とは違います。また他社との競争も激しいので、限られたスペースにゲーム機を置いてもらうためには、ユーザーをゲーム以外で楽しませる工夫も不可欠です。

私もゲームがリリースされたら施設に足を運び、ユーザーたちにどう遊ばれているのか探っています。社員同士でも意見を交わし、ユーザーの動きを開発としてどう反映できるか、常に考えています。
私が扱っているゲームは、店頭のUFOキャッチャーエリアのその奥、アーケードゲームエリアにあります。コアゲーマーではないライトユーザーに足を延ばしてもらうにはどうすればいいか、どう対処すべきか。もっと多くの方に楽しんでもらえるようなゲームを追求してきたいです。

ある1日の
スケジュール

10:00
始業。メールチェック。作業の進捗確認をします。
10:30
ゲーム筐体の整備。開発内の筐体の状態をチェックし、テストプレイ可能な状態に保ちます。
11:00
仕様相談&確認。プログラマ・デザイナーと実装方法方針について話し合い、最終的に対応するかを判断します。
11:30
プログラミング。仕様に関する検証や仮実装を行います。テストコード書いてみたり、問題点が見えてきたら、プランナーにフィードバックしてさらに仕様をブラッシュアップしていきます。
12:30
昼休み。お弁当を買って、自席で昼食を取ります。情報チェックしたり、話したり、ゲームやったり。
14:00
ミーティング。チーム全体で集まり、各セクションの進捗の報告をします。今後の作業方針を確認をします。他部署の方と筐体の機能について話し合うことも。
15:00
プログラミング。本格的に実装を行います。
18:00
筐体での実装チェック。開発用PCで動いても、実機で動くとは限らないです。実機に転送し、不具合がないかをしっかり確認します。
19:00
退社。各部署への対応や、本日の実装進捗の確認が終了したら業務終了です。同期とご飯に行ったりもすることも。
セガ グループ 新卒採用サイト   >   先輩社員インタビュー一覧   >   先輩社員インタビュー