TALK

座談会

TALK 03 グローバルな働き方

各国の文化の
違いを楽しみながら働いています

TALK MEMBER

三科 拓朗 アジア事業部 CSパブリッシング部 マーケティング/プロモーションチーム

株式会社セガ

入社して4年間国内営業を経験後、現在はアジアマーケットに向けたビジネス展開を実施するアジア事業部に所属。

涌井 円 法務部 海外法務課

セガサミーホールディングス株式会社

総務・予算管理・事業支援等、多岐に渡るキャリアを経験。
妊娠・出産を経て、現在は法務部にて海外法務のマネージャーを担当。

ブルジ テオ 経営企画本部 経営企画部 経営管理課

株式会社ダーツライブ

翻訳・通訳担当として入社し、販売促進、営業を経て、現在はヨーロッパ子会社の経営管理担当。

今回は世界で活躍しているセガグループの社員に語っていただきます。まず自己紹介をお願いします。

三科

セガは家庭用ゲームやオンラインゲーム、スマートフォン向けのアプリゲームを展開している会社です。
私は中国市場に向けてライセンスアウト・共同開発の業務を担当しています。セガのキャラクターやゲームを中国の会社と一緒に現地向けにプロデュースし、運営配信までの進行管理をしています。

涌井

セガやダーツライブなどの事業会社をまとめるような管理会社に所属しています。
その中で私は、海外のビジネスに関わる契約書の作成と審査、法的観点からのビジネスのサポート、アドバイスの提供などを担当しています。

ブルジ

経営企画本部の管理課に所属しており、子会社であるダーツライブ・ヨーロッパの現地の事情を調べて分析し、今後の方針を決めて、その実施をサポートしています。

詳しい業務内容をお話ください。

三科

家庭用ゲームとして発売された2D対戦格闘ゲーム『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION』というタイトルがあり、私はこのタイトルをもとにセガと中国の会社で共同開発しているスマートフォン向けアプリゲームの展開を担当しています。
現地での展開に向けて、中国の大手インターネット企業であるテンセントとパプリッシング契約を締結しましたが、配信にあたって日本では考えられないくらい大規模な広告展開が実現しました。その結果、中国のiOSランキングで1位になり、大きな成果を上げることができました。

ブルジ

私の会社で扱っているダーツライブは、この一商品をヨーロッパで展開しており、各地で大きなイベントを集中的に開催しています。

三科さんは、契約関係のことで涌井さんと連携されているそうですが。

三科

キャラクターの権利を許諾するため、逐一中国企業との契約書が発生します。
そのキャラクターの権利の範囲をどこまで明確にするか、涌井さんと相談して進めています。

涌井

アジアの営業部門は、他の地域と比べて特色があり、仕事の依頼の仕方や内容に違いがあるかもしれません。

ブルジさんはいかがですか?

ブルジ

ダーツライブという商品を特化して扱っているので、数多くの商品を扱う他のグループ会社とは異なる仕事の仕方をしていると思います。
日本やアジア諸国にはあまりないのですが、ヨーロッパ各国では、スペインやポルトガルなどにダーツの競合他社がいます。
そのライバル会社を相手に現地で戦うので、アジアで作られた製品をそのまま違う文化に広めるには工夫が必要です。

涌井さんは法務の仕事をする上で、国や地域の違いを感じることはありますか?

涌井

欧米とアジアでは契約に対する考え方が、日本とはまったく異なります。
特にアジア、中国では商業文化が違うので、契約書の直しを一つとっても、理解しにくい返答をしてくることがありますね。

三科

私も仕事のスピード感において日本と海外の違いを感じることが多いです。特に中国人は話が早い。
商談の時、日本では「いったん持ち帰りましょう」と言われることが多々あります。
それに比べて、中国だったら、その場でイエスかノーかを決めたいと言われます。

涌井

私もそう思います。決断が速いですよね。
そういえば、社員食堂にはダーツライブのダーツが置いてあり、朝から遊んでいる人がいますね。

ブルジ

ダーツは一回遊んでみて夢中になると、もう大変ですね(笑)。

ビジネスでも文化の違いを楽しもう

海外と日本の企業の違いは何でしょうか?

涌井

コミュニケーションの取り方に文化の違いを感じます。
例えば、海外の方はメールの文章がとても短いです。日本人はあいさつから始まり、本題に入るまでが長い。海外の方は必要なことしか書きません。
私もそれにならい、「お疲れ様です」などのあいさつは書かなくなりました。一見表現は淡白ですが、海外の子会社のオフィスには至る所にソニックが飾られ、セガの製品が展示されていて、会社に対する愛情を感じます。

ブルジ

私は月に1回はヨーロッパを訪れていますが、世界全体で仕事にスピードを求められているのを感じます。
文化や習慣の違いはありますから、ある程度適応しなければなりません。

海外でセガの知名度とか、実感するときはどんな時ですか?

三科

中国には、「ChinaJoy(チャイナジョイ)」というアジア最大級のゲームショウがあります。
イベント期間5日間滞在しましたが、ほぼ毎日が商談オファーで埋まりました。
中国の市場は伸び盛りで、セガよりも規模の大きな会社が多いですが、向こうから商談に来るということは、きっとセガがこれまで努力してきたことが浸透しているということですね。

有名なキャラクターなどはありますか?

三科

特に「ペルソナ」シリーズや「ソニック」シリーズは有名でした。
今は2次元キャラの需要が上がっていて、「ペルソナ」は商談も多かったです。
日本のアニメや漫画が世界に通じるというのは実感しますね。
日本語を勉強するきっかけになったという方もかなり多く、私たち日本人よりもアニメや漫画に詳しいという方もたくさんいると思います。

ヨーロッパにはそういった人気キャラクターはいますか?

ブルジ

アジアと同じだと思いますが、セガという社名自体、だれでも知っているような環境です。ヨーロッパでの知名度はすごいです。
ヨーロッパでは、セガというアジアの会社が、社名だけで「ゲーム」「ソニック」と人々に何をしている会社か理解されているのはかなり珍しいこと。
知名度がある数少ないアジアの企業です。

涌井

私の部署にドイツ人の弁護士がいるんですが、彼は子供のころにセガのゲームで遊んでいたそうです。
ゲームが大好きで、セガで働けることを誇りに思ってくれているので、同じチームメンバーとしてとてもうれしいですね。

セガ愛の強さを世界中で感じる

涌井さんはセガの知名度を感じることありますか?

涌井

海外のグループ会社を訪問して現地のスタッフの方と交流すると、セガが好きな人が多いと感じます。
いちばん驚いたのは、現地スタッフの一人が、頭に入れていたタトゥーが「セガロゴ」と「メガドライブ」というセガのハードウェアの名前だったことです。
セガ愛の強さを感じました。

ブルジ

海外出張に行ったとき、空港でレンタカーを借りるため、係員に私がセガの社員であることを伝えたら、急に「メガドライブ」について語り出したんです。その話が全然止まらなくて。
結果的に車をグレードアップしてくれて、料金は無料になりました(笑)。

グローバルに活躍しようと思ったきっかけをお聞かせください。

三科

私は国内営業をもっとこなしてから、と思っていたところに声がかかりました。
実力よりもチャンスが先に来た感じです(笑)。

涌井

私が海外法務に配属されたのは、産休と育休を取っていた間に、元の部署が発展的解消になったのがきっかけです。
戻る職場がなくなり、いくつか候補をいただいた一つが海外法務でした。おもしろそうだと思い、チャレンジしたんです。
私はもともと変化の多い環境が好きで、さまざまな人種や文化の違いと多様性に興味があって、その新しい環境で働きたいと思いました。

ブルジ

私はフランスにいるときにグローバルな仕事に就きたいと考え、語学の勉強を始めたところ、その語学力を評価されて入社することができました。
はじめは通訳と翻訳の仕事でしたが、そのうちに自分で業務の検討や提案ができるようになり、仕事を幅広く任せてもらえるようになりました。
やりたいという意思を示せばチャンスを与えてくれるのが、セガの魅力です。

違いを受け入れ、さまざまな視点をもつことが大事

最後に学生さんへのメッセージをお願いします。

涌井

きっとみなさん希望する業界、職種等があると思います。
それも一つの大切な要素だと思いますが、もう一つの要素としていいメンバーと共に仕事ができるという環境もとても重要です。
そういう意味で、セガは人に恵まれている会社だと感じます。役員との距離も近くてお願い事もしやすいですし、新しいことへチャレンジすることを歓迎してくれる自由で気さくな雰囲気があります。

三科

学生でいる間に、旅行や遊びなどでも常にいろいろな視点をもつことを心がけてほしいです。
ある人から見るとすばらしいものでも、ある人にはくだらないと思われるかもしれない。
いろいろな立場になって複数の視点を持つことは仕事にも生かすことができ、その人の財産になります。

ブルジ

今、三科さんが話したことはとても大切です。
海外を相手にグローバルな仕事をしていると、予想できないことはたくさんありますし、違和感を覚えることが相手には当たり前なことかもしれない。それに対応するには、ある程度の覚悟が必要です。
ぜひいろいろなことに興味をもって、違いを感じて受け入れられる人になってください。

セガグループ 新卒採用サイト   >   先輩社員インタビュー一覧   >   座談会