セガホールディングス新卒採用サイト

INTERVIEW 先輩社員インタビュー

INTERVIEW 02 セガグループの通信環境を整えながら、
つながりの強さを感じてます。

若林 億斗Okuto Wakabayashi IT本部 インフラシステム部 ユーザーサポートチーム
2017年入社

セガグループ(各社)で働く上でのやりがい、いいところは?

セガグループの規模の大きさ、グループ間の強いつながりを、日ごろの仕事の中で感じられることです。
私はセガグループ各社の社員に対して通信環境を整える仕事に携わっています。社員用パソコンの設定、グループ内のシステムの導入にも関わっていて、社内のコミュニケーションツールやタスク管理ツール等の手順書の作成など幅広い業務を経験しています。
パソコンの設定と言っても、セガのグループ会社を含めて担当するので、その数は膨大です。多い時に一日20人分のパソコンを設定することがあります。
これまで印象に残った業務は、全国のセガの店舗でパソコンを一斉に入れ替える事業に関わったことです。全国各地に何百台ものパソコンを約3ヵ月かけて導入していくという大規模な仕事であり、作業中に現場でトラブルが起こらないように綿密な計画が必要です。まずは1~3店舗で先行して導入しますが、その時までに「手順書」も作成します。第一段階で問題が出てきたら、本格的な一斉導入までに改善策を考えて、手順書を直します。特に大型の店舗では、導入の手順について長めに打ち合わせをしました。自分が手がけた手順書が全国の店舗で使われるようになったとき、「役に立って良かったな」と思いましたし、セガのスケールの大きさが感じられました。

入社の決め手は?入社前と入社後のギャップはありますか?

入社の決め手は、社員の方と話がしやすいと思ったことです。採用面接を受けた時、面接官の方が私の話に興味をもって聞いてくださったことが印象に残っています。実は学生時代、上の先輩のいない新設の学部で学んでいたこともあり、目上の方と接した経験が少なく、会社でどう振る舞って良いのか不安でした。でも、採用面接のときに気さくに質問していただいたことで、入社してからも話しやすそうではないかと思い安心できました。入社後、実際に先輩や上司から声をかけられることが多いですね。思っていたほど上下関係が厳しくないという職場の雰囲気が、私にとって良いギャップです。

この会社に入ってよかったと思うこと

グループ会社同士が強くつながり、同期ともよく交流できるところです。
昨年グループ各社が大崎のオフィスに集中したことで、他社との業務やコミュニケーションがより活発になりました。他社のIT系の社員と気軽に打ち合わせできるようになり、要望をダイレクトに聞いて、システムの改善に役立てています。昼休みは、今まで勤務地の異なった同期と社員食堂で食事をするようになり、私の手がけたシステムの手順書について意見をもらっています。手順書の内容について、読みやすいかどうか率直な意見が聞けるのでとても参考になります。逆に、同期がやっている仕事の話を聞くのもおもしろいです。「セガってこんな仕事もしているんだ」と新しい発見ばかり。システムの仕事だけをしていては気づきませんでした。同期たちの頑張りに、いつも刺激を受けています。

プライベートはどのように過ごしていますか?

休日は買い物に出かけるなどして、オンとオフを切り替えるようにしています。仕事に関連した勉強もしていますが、その時間は日々の業務を忘れて学ぶことに集中します。

学生へのメッセージ

就職活動中の学生のみなさんには、インターネットの情報だけに惑わされず、またインターンシップの経験の有無に不安を持たず、まず会社説明会に行くことから始めてほしいです。この会社は自分に合うかどうかなど、自分の感覚を大事にしてほしいと思います。

1日のスケジュールSCHEDULE

  • 9:15

    出社
    1時間30分の通勤途中、音楽を聴いて気持ちを落ち着かせています。
  • 10:00

    課のミーティング
    課の定例ミーティング。各担当がタスクの進捗を報告します。
  • 10:30

    データ分析
    システムログを他部署からもらい、ユーザーの利用状況や傾向分析を行います。
  • 12:30

    昼食
    大崎オフィスの社員食堂が便利です。
  • 13:30

    資料の作成
    分析結果をまとめた資料や説明会の資料を作ります。図やグラフを使い、読みやすくしています。
  • 15:00

    ミーティング
    システムのチーム内でミーティング。タスクの進捗報告や障害情報などを確かめます。
  • 16:00

    ツール作成
    資料やネットなどで調べながらプログラミングを進めます。
  • 18:30

    退社
    仕事から離れて、帰りがけに休日の予定などを考えます。
interview 01 松下 真帆